お薦めダイエットスタッフ

大学生の就職決定率ついて

就職氷河期という表現をされたこともある大学生の就職ですが、ここ数年の動向を見る限りでは、採用率も高くなり、就職しやすくなっています。とは言っても、それはあくまでも数字上のことであり、学生自信が納得のできる企業に就職できているかどうかとなると全く触れられてはいません。就職が困難な時代が長期にわたって続いたために、自分の希望に合わせて就職先を選ぶという発想が大学生達の中で弱くなっており、妥協をしやすくなっている可能性もあります。企業側にとって正社員としての受け入れが当たり前じゃなくなった昨今、これまでとは異なった対応をしなければならないようになってきています。希望の職種や企業に就職するためには、それなりの準備や段取りが必要なのは言うまでもないでしょう。大学1年生のころはまだ早いと考えているかもしれませんが、大学生になったら、将来の進路について視野に入れておくことです。この頃は、4年生の夏まで就職活動は本格的に始めないという企業同士の取り決めができています。学生としての生活も大事にしてもらうためです。それでも、3年生を対象にした就職セミナーは開催されており、4年生になる前から就職活動は始まっています。企業の行う就職活動がいつ始まるかはともかく、自分自身がいつから就職活動の準備を始めるかは、また別の問題です。のんびりとしすぎて、あわてて就職活動をしたとことで、良い結果を得られるとは誰でも考えられないでしょう。目指す企業や職種のために有利になるような資格は早目早目にとっておいて損はありません。大学生の就職活動は、昔は妥協さえすればどこかに入れるという考え方でしたが、現在は最大限の努力をしても就職が困難なこともあります。