お薦めダイエットスタッフ

消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンは、似ているように見えて、違う部分があります。これらのカードローンの内容で違うのは、消費者金融系の金利と銀行系の金利が大きく変わってくることです。カードローンの金利については、銀行系の方が金利が安く設定されている傾向があります。銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンとを比べると2〜10%も金利差がある場合があります。低金利のほうが返済が楽になります。カードローンの申込みをした際の審査の方法にも違いがあります。消費者金融系の審査時間は、約数分から数時間とかなり早い時間で審査が行われることが多く、融資する時間も早くなるのが特徴です。これに対して、銀行系カードローンの場合は、数日経たないと審査の結果が出ないことがあるようです。銀行系カードローンのように、審査に何日もかかると、お金を必要としている期限日をオーバーしてしまうという方もいます。金利が無利息になる期間を設けている消費者金融系に比べて、銀行系は無利息キャンペーンといった特典は用意されていない場合がほとんどです。銀行系カードローンは、まとまった金額を低金利で融資してもらえるというメリットがありますが、融資までのハードルが高く、審査に時間がかかりますので、それでは都合が悪い人もいます。急を要しない場合には、やはり金利が低い銀行系のカードローンの方が、返済金額を低く抑えることができるので、よりメリットがあります。銀行系でも消費者金融系でも、たくさんのカードローンを扱っている会社があります。カードローンを利用する時には、自分のニーズに合うところがどこかを検討するようにしましょう。