お薦めダイエットスタッフ

消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンは、似ているように見えて、違う部分があります。これらのカードローンの内容で違うのは、消費者金融系の金利と銀行系の金利が大きく変わってくることです。カードローンの金利については、銀行系の方が金利が安く設定されている傾向があります。銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンとを比べると2〜10%も金利差がある場合があります。低金利のほうが返済が楽になります。カードローンの申込みをした際の審査の方法にも違いがあります。消費者金融系の審査時間は、約数分から数時間とかなり早い時間で審査が行われることが多く、融資する時間も早くなるのが特徴です。これに対して、銀行系カードローンの場合は、数日経たないと審査の結果が出ないことがあるようです。銀行系カードローンのように、審査に何日もかかると、お金を必要としている期限日をオーバーしてしまうという方もいます。金利が無利息になる期間を設けている消費者金融系に比べて、銀行系は無利息キャンペーンといった特典は用意されていない場合がほとんどです。銀行系カードローンは、まとまった金額を低金利で融資してもらえるというメリットがありますが、融資までのハードルが高く、審査に時間がかかりますので、それでは都合が悪い人もいます。急を要しない場合には、やはり金利が低い銀行系のカードローンの方が、返済金額を低く抑えることができるので、よりメリットがあります。銀行系でも消費者金融系でも、たくさんのカードローンを扱っている会社があります。カードローンを利用する時には、自分のニーズに合うところがどこかを検討するようにしましょう。

カードローンのお金の返済方法について

多くの場合、カードローンを使う時には、どんな返済手段にしたいかの希望を言うことができます。消費者金融系に会社や銀行系のカードローンを申し込んで、融資を受けた場合には、その翌月から融資金額に対しての返済が始まります。毎月の決まった日までに、借りたお金を返済するというスタイルになっています。振込は銀行のATMやコンビニATM、そのカードローンの街の無人機で入金する方法が一般的です。いつでもどこでも返済出来るので大変便利な点であり、良い所でもあります。銀行系カードローンの場合、返済を自動引き落としにしておくことができます。最初の手続きだけで済むので、とても簡単なやり方です。お金を返す時に、どのくらいずつ返済していくかについては、リボルビング払いが便利です。元金利息を含んだ一定の金額を支払う形になります。このリボルビング方式では無理のない返済が可能になります。月に応じて返済金額が膨れあがるといった心配はありませんので、返済が生活を圧迫する心配はありません。この一定金額は決まっているのですが、独自で設定金額を上げることが可能です。設定金額を上げれば、その分だけ支払う期間が短くなるので利息がお得になり、トータルの返済金額も少なくなります。もしも返済がきついのであれば、返済金の軽減も可能なこともあります。一括返済も選択肢の一つですので、じっくり考慮することです。

キャッシングは金利無料のキャンペーンがお得

もしも今すぐに融資を受けたいという時でも、キャッシングカードを所有していれば、いつでも手軽にお金が借りられます。特に主要な銀行またはコンビニエンスストアに設置されているATMで利用できるようになってからは利用者が増加傾向にあります。キャッシングはお手軽なサービスですが、金利面はどうしても気になります。お金を借りる以上、金利が計算されて、必ず利息を支払わなければ行けません。借りたお金以上の金額をキャッシング会社に返済になければなりません。どのくらいの金利で融資が受けられるかは、キャッシング会社によってまちまちですので、必ずあらかじめ把握しておきましょう。利息を低く抑えたい時には、低い金利でお金を貸してくれるキャッシング会社にすることです。そのほうが、返済負担が軽くなります。また、利用前に確認しておきたいのが、キャッシングを取り扱っている会社ごとに提供されているキャンペーンの情報です。キャッシング会社の中には、申込み後1回目の融資や、金額や返済日数に条件をもうけた上で、金利0%で融資を行うといったキャンペーンをしています。このような金利無料のキャンペーンを利用すると、金利を支払わなくても済むので借りやすくなります。借りる金額が非常に大きいケースであったり、数日のうちに返済をすることができるようなケースであれば、金利無料キャンペーンは利用価値の高いものになります。いつ無利息のキャンペーンが行われるかは、金融会社のホームページや、キャッシングの情報サイトから知ることができます。