お薦めダイエットスタッフ

ダイエットに効果的なお風呂の入り方

お風呂で何をするのかも、ダイエットを達成するためのポイントになっています。お風呂に入ると汗をかくので、その分だけ体重が減りますが、他にもダイエット効果があります。長風呂は消費カロリー量が多いという印象がありますが、実際のところ、お風呂で使うカロリーはそれほどありません。お風呂に入ることによって、すぐにダイエット効果が現れることはないので、少し長い期間に渡って続けることが大切です。お風呂のダイエットで注目すべきポイントは、汗をかくこととデトックス効果です。まずは、お風呂のお湯をちょっとぬるめにしておきます。汗をかくためには入浴の時間を長くしなければいけないので、のぼせ防止です。短くても20分はお湯に体を沈めておくことで、体の中心軸まで熱が行き渡るようにしましょう。長い時間のお風呂は心臓に負担がかかる場合があるので、ダイエットを目的としていても、決して無理はしないようにしましょう。入浴時の温度や、お湯につかっている時間は個人差がありますので、体調と相談しながら決めていくことです。入浴によって血流が促進され、新陳代謝が活発になり、ダイエット効果が期待できます。お風呂はリラクゼーション効果もあり、ダイエット中のストレスも軽減されリラックスできます。毎日のお風呂でしっかりと汗を流すことで、ダイエット効果を高めるだけでなく、お肌にもいい影響があるといいます。