お薦めダイエットスタッフ

お腹に脂肪が付く原因

お腹には何故脂肪が蓄積されるのでしょうか。胸のように骨の防護機能が有りませんが、お腹には子宮や胃などのたいせつ器官が存在して居ます。骨の代わりに、内臓を外部の衝撃から保護するためのに脂肪がついて居るわけです。何らかの理由でお腹の筋肉のたるみが出ると、そこに脂肪が蓄積されやすくなり、ぽこりと脂肪で膨らんだお腹が出来ます。お腹の筋肉はふと気づくとたるみが目立つことが有ります。意識せず使わ無い限りお腹の筋肉はほぼ使わ無いためです。わずかでも脂肪がつくと、その場所にはせっせと脂肪が増していきます。胃下垂も脂肪が尽きやすく成る源であり、皮下脂肪や内臓脂肪が有る人は要注意です。年を取ると基礎代謝も低下し、体を動かすことも少なくなって、若い頃のように代謝がおこなわれることが少なく成ります。代謝が落ちると摂取したカロリーは脂肪として蓄積されやすくなり、腹部の出っ張りの原因と成ります。皮下脂肪は内臓脂肪ほど運動や食事で燃焼され無いため、ダイエットは難しくなってしま居ます。内臓脂肪を溜め込みやすいのが男性性であり、皮下脂肪を溜め込みやすいのがおんなの様です。同一体脂肪率なら男性性の方がより内臓脂肪が多いと言うことが平均的です。内臓まわりに脂肪がつきやすく、腹筋もおんなより多いため、男性性のお腹はでっぱりやすいとい居ます。お腹につく脂肪は、多様な背景要因が有ります。