お薦めダイエットスタッフ

食事のカロリーコントロールでダイエット


カロリーコントロールとダイエットについてです。カロリーが有る栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂肪の3種類です。ミネラルやビタミンといった成分は一切カロリーが無いものなのです。炭水化物のカロリーは、1グラムあたり4Kcal、たんぱく質のカロリーは、1グラムあたり4Kcal、脂肪のカロリーは、1グラムあたり9Kcalです。脂肪1gと炭水化物1gとでは、摂取カロリーの量が相当違ってくると言うことは把握しておくといいでしょう。ダイエット時のカロリーコントロールの注意点は、極端な食事制限に走ら無いことです。人の体は、食事制限などでいきなりカロリー供給量を減らすと、脂肪を蓄積しやすい体質にシフトする性質が有ります。省エネモードになったまま食事量を戻したりストレスからいつもより多めに食べると、体重は大幅に増えてしま居ます。生命活動には、ミネラルやビタミンは絶対に必要です。健康を保つためには欠かせ無いビタミンやミネラルを確実に取り入れつつ、たんぱく質や脂質も必要なだけをしっかり摂取することが、ダイエット成功にもつながります。いもやパスタ、麺、パン、米は主食として欠かせ無い糖質に当たるものです。食事メニューをかんがえる時は、摂取カロリーの半分は主食で賄うようにしましょう。主食の分量が決定すると、カロリーコントロールの方針も決まってきます。栄養の偏りが無い食事を継続させるためにも、主食に対して野菜メインのおかずと副菜を其れぞれひとつずつつけると言う形を意識しましょう。きつすぎ無い範囲での栄養管理やカロリー制限で、健康的なダイエットを目指したいものです。